検索

茶室を造る 其の参

木の説明が続きます。

茶室造りの命は素材の「木」と、木の「加工」に付きます。

木の選別と、加工の技術が茶室造りの基礎となります。

木目は年輪が良く詰まったものを使います。

幅2cmほどの木枠の中に年輪を見せたいからです。

この辺の拘りが猪野社長の情熱を感じさせます。

木を割って、枠材を取ります。

熟練した大工でも、相当緊張する作業です。


次回から、茶室を組みあげます。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示