Copyright(C) 2016 Ino All Rights Reserved.
高知県高知市潮新町1丁目14-9 

株式会社 猪野工務店
TEL:088-831-2345 FAX:088-831-3676

​ハイブリッドソーラーハウスとは、太陽のエネルギーを床に蓄熱して24時間床暖房と給湯をする住宅システムです。

このシステムは太陽の熱を利用して家をまるごと温める

​システムで、太陽光発電とは違うものです。

​3​つの運転モード

​ハイブリッドソーラーハウスは3つの運転モードがあり、太陽エネルギーを無駄なく利用しています。

​最も暖房が欲しいのは、夜や明け方です。

昼間の太陽で明日の朝を暖房するには蓄熱が大切。

真冬でも、快晴であれば翌日分までおよぶ熱を蓄えます。

ハイブリッドソーラーハウスは家全体が温かく、間仕切りのない広々とした空間を

実現できます。

広々とした空間だから家族の顔がいつも見え、団欒と幸せが生まれます。

蓄熱するとはいえ、天気の悪い日が続くと貯えがなくなり冷えてしまいます。

こんな時には補助ボイラーの助けをかりて、蓄熱温度を確保します。

霜柱が立つような寒い冬の朝でも、家中ポカポカ・・・

高齢の方でも心臓への負担がなくなります。

余った太陽エネルギーで給湯します。

370リットルの温水が夏ともなれば70℃にも沸上がり、
ふんだんにお風呂でつかえます。

​温度の記録と快適な温熱

​ハイブリッドソーラーハウスは、24時間適切な室温と湿度を保ち続けます。
太陽熱を蓄熱して家全体を暖めるため、空気を燃やさず健康にも環境にも優しいシステムとなっています。
床から徐々に出てくる熱のため、居住者が2階寝室へ移った後も部屋は温度を保っています。​
その影響で隣室も2階の部屋も家全体から寒さが取り除かれます。
夜中にトイレに起きても何の苦痛もありません。
冬でも朝起きたらシャワーを浴びる、快眠ができて朝の目覚めがいい、
など予想外の影響が家全体に及びます。

CONTACT

お問合せはお気軽にどうぞ。
2~3日たっても返信がない場合、
正常にメールを受信できてない可能性がございます。
​その場合は、お手数ですがお電話にてご確認くださいませ。

​TEL 088-831-2345

​FAX 088-831-3676

0120-39-9074​

​屋根一体型「太陽熱コレクター」

1枚の大きさは幅91cm×高さ200cm。

屋根下地に直接取付ける一体型です。

​外部はステンレスと強化ガラスで覆われ防水処理により雨漏りなどの心配をなくしています。

​屋根一体型「太陽熱コレクター」

選択吸収膜処理(太陽熱で熱くなった際に、熱放射をおさえて熱変換効率を高める技術)

​施したアルミニウム製の集熱フィンと、集熱フィンに組込まれた直径7mmの銅パイプで構成されています。この中を少量の熱媒体を循環させて床下の蓄熱層や貯湯タンクへ太陽熱を運び蓄えます。

​床下「コンクリート蓄熱層」

つなぎ目のないシームレスポリコン層の給熱パイプを中心部に埋没します。

太陽熱を蓄熱するため、床下に15cmから20cm

​のコンクリート層を構築します。

​ポリコン管の特性

■ 自由に曲げれる柔軟性

■ 加重や振動に強い

■ ずば抜けた耐久性

​■ コンクリート蓄熱層は、土間床構造の仕様に準拠したもの(住宅金融公庫に定められたもの)

■ 床下からの冷気や湿気の侵入を防ぐ

​補助熱源装置

補助熱源装置を自動的に運転し、快適暖房に必要な最低限度の蓄熱温度を下回ったとき

自動運転します。

​快適な暖房に必要な最低限度の蓄熱温度を維持します。

​ハイブリッドソーラーハウスの仕組み